Search and Hit Enter

レジ袋の有料化で考える「環境を大切にする」ということ

7月1日から全国でレジ袋の有料化がスタートしました。メディアで大きく取り上げられ、SNSでも様々な意見が飛び交っています。なかには「3〜5円をレジ袋に払うか、払わないか」という議論も見受けられました。そこで今回は、レジ袋有料化制度の本来の目的を確認してみたいと思います。

レジ袋有料化とは?

「レジ袋有料化義務化(無料配布禁止等)」は、2019年5月に策定された「プラスチック資源循環戦略」の取り組みの一環として決められた制度です。

軽くて丈夫なプラスチックは非常に便利な素材として私たちの生活に取り入られてきましたが、その一方で、海洋プラスチックごみ問題、地球温暖化など、様々な問題を生み出しています。このような課題を解決すべく、レジ袋の有料化が義務付けられました。

©経済産業省(HPより抜粋)

有料化の対象となるのは、持ち手のついたプラスチック製買い物袋。紙袋や持ち手のないビニール袋、また、上の画像に記載されているような、繰り返し使えるもの微生物によって海洋で分解されるものバイオマス素材のものは対象外となります。

プラスチックごみ問題の解決にはならない?

しかし、レジ袋を有料化にしたところでプラスチックごみ問題の解決には繋がらないとも言われています。

その理由は、ほとんどの人がレジ袋をゴミ袋などに再利用(リユース)しているため。生ゴミ用、犬や猫などのフンを片付ける用、もう一度レジ袋に使うなど、確かにその活用度は非常に高いと言えます。たとえレジ袋自体の需要が減ったとしても、別のプラスチック製の袋を購入する人が増えればプラスチックごみの削減には繋がりません。

また、バイオマス(生物に由来する有機物)素材の配合率が25%以上のレジ袋は有料化の対象外となっていることも理由の一つです。なぜバイオマス25%以上なら無料なのでしょうか? 経済産業省のHPを見てみると、化石燃料素材ではないので「地球温暖化対策に寄与する」といった理由が記載されていました。

「25%程度の配合で化石燃料素材のレジ袋と比較して分解に大きな違いが生まれるのか」という問題も気になるところですが、バイオマスだろうと化石燃料だろうと、レジ袋が海に流れ出れば、海洋生物が間違えて口にしてしまったり、体にからまって苦しむ可能性があるということは変わりません。よって、バイオマス素材のレジ袋が無料になっていることも、プラスチックごみ問題の解決に繋がるとは言い難いでしょう。

日頃の生活を見直すきっかけに

これらの問題に対して疑問を呈する意見も多くありますが、レジ袋の有料化がプラスチックごみ問題の解決に直接繋がらないことについては、もちろん政府も理解しています。

今回のレジ袋有料化の一番の目的は、 「環境のために何ができるだろう」と一人一人の考えるきっかけを作ること、レジ袋の有料化によって「ものを無駄使いしていないか」「他に減らせるプラスチックごみはないか」など、ライフスタイルに変革をもたらすことなのです。

レジ袋については、その後のリユース方法や、それぞれの生活スタイルによって正解が変わってくる問題だと思いますが、自分はレジ袋を使いすぎていないか、今より減らせないかの見直しや工夫をするきっかけとなると良いですよね。ご自身の生活スタイルに合わせたベストな選択を見つけて、日々積み重ねていくことが大切です。

そして、今回のレジ袋有料化をきっかけに、「使い捨てられたレジ袋やプラスチックごみが最終的にどこに行き着いているのか」といった問題にも関心を持ち、みんなで考え、解決に向けて取り組んでいきましょう。

《関連記事》
人間から海、そしてまた人間へ。マイクロプラスチックが及ぼす悪影響
小さなことから少しずつ。すぐに始められる地球に優しい生活