Search and Hit Enter

午後のティータイム、おすすめのオーガニックティーとハーブコーディアル

みなさんは、ティータイムにどんなお茶を飲んでいますか?

実は私、珈琲を飲めるようになったのが割と最近のことなので、どちらかというと今でもお茶をいただく機会の方が多いのです。自宅には常に紅茶を常備していますし、ティータイムの時間が何よりも大好き。旅先でもついついお茶の売り場を探してしまいます(好きなだけで茶葉には詳しくないのですが…)。

アメリカの哲学者ラルフ・ワルド・エマーソンもティータイムを大事にしていた一人で、こんな言葉を残しています。

There is a great deal of poetry and fine sentiment in a chest of tea.(一箱のお茶の中には、たくさんの詩と素晴らしい感情がある)

「やっぱり哲学者は言うことが違う…」と、私の感性ではまだお茶にそこまでの想いを抱けていないのですが、こういう言葉に思いを馳せながらお茶をいただく(心のゆとりを持つ)時間も大切にしていきたいなぁと思っているこの頃です。

ということで、今回は午後のティータイムにぴったりのオーガニックティーとハーブコーディアルをご紹介していきます。

SONNENTOR / 月のお茶

ゾネントア 月のお茶 ビューティフルマジックムーンティー
ゾネントア ノンカフェイン 呼吸のお茶

最近の一番のお気に入りは、ゾネントア社のビューティフルマジックムーンティー。オーストリア・チロル地方に数百年も前から伝わる「月のリズム法(月のサイクルと人体の関係を表したもの)」を基にブレンドされたお茶です。

無農薬であることはもちろん、植物の力を最大限に引き出すために、天体の動きや月の満ち欠けを考慮して栽培・収穫するというこだわり。月のリズムと共に栽培されているなんて、なんだかロマンチックでうっとりしてしまいますよね。

このアソートに入っているのは、満月のお茶、下弦のお茶、新月のお茶、上弦のお茶の4種類。月の満ち欠け1サイクル(約28日)分が楽しめる内容になっているので、午後のティータイムはもちろん、日によっては夜のリラックスタイムのお供に月を眺めながらいただいています。

ゾネントア社は他にも「呼吸のお茶」「断食のお茶」「女性のためのお茶」など、様々な種類を揃えているので、その時々の気分や体調に合わせて選んでみてください。

pukka / ハーバルコレクション

pukka (パッカ) ハーバルコレクション 有機ハーブティー デカフェ・ノンカフェイン

パッカは、世界各国で有機栽培された植物をブレンドしたハーブティーメーカー。ヒンディー語で「本物」「正真正銘」「一番の品質」という意味があるそうで、その名前を裏切らない品質の良さで人気を誇るメーカーです。

私がパッカを飲むようになったのは、当時働いていた職場の先輩に「このお茶、風邪にもいいんだよ〜」といただいたのがきっかけでした(その時は「プッカ」だと思っていたのはここだけの話…)。身体の芯まですーっと染みわたっていく感覚で、少し風邪気味だったのに翌日にはすっかり良くなっていたことに驚き、冬は欠かさず常備するようになりました。

欲張りな私のおすすめは、人気の5種類(リバイタライズ、リフレッシュ、リラックス、ラブ、ピュア)がひとつの箱で楽しめるセレクションボックス。箱を開ける前から良い香りがするんです…(幸せの香り)。パッケージも可愛いのでちょっとした贈り物にも重宝します。

CLIPPER / ラズベリーリーフティー

クリッパー エコ ティーバッグ ラズベリーリーフティー

イギリスの田舎町ドーセットで生まれたクリッパーティーは、アフリカ、インド、スリランカで採れた最上級の茶葉をブレンドしたお茶。安全で美味しいのはもちろんですが、全ての商品がフェアトレード製品というのも選びたくなる理由のひとつです。

ベリー系が好きというのもあって、私がよくいただいているのはこのラズベリーリーフティー。甘酸っぱい味が好きな方におすすめです。カフェインレスなので妊活中や妊娠中の方でも安心して飲むことができますよ〜(安産のお茶と言われることもあるようです)。これからの夏場は冷やして飲んでも美味しいです。

HAMPSTEAD TEA / アッサム

ハムステッドティー オーガニック アッサム

英国王室御用達のダージリン地方マカイバリ農園をはじめとする有機栽培の茶葉に拘ったブランドのHAMPSTEAD TEAは、徹底的にエシカルを追求した地球にも人にも優しい紅茶です。

私は何にでも合うこのアッサムティーをリピート中。苦味がないのでストレートでも美味しくいただけるのですが、濃い目に入れてミルクティーにするのもおすすめ。友人が遊びに来るときなどは贅沢に茶葉を取り出して、シフォンケーキやクッキーに入れることもあります(アールグレイやアッサムは常備しておくと便利ですよね!)。

nichie / ルイボスティー

nichie 有機 ルイボスティー クラシック ジャパンセレクト 南アフリカ産

ルイボスリミテッド社のルイボスティーは、南アフリカ共和国の良質なルイボス茶葉を現地で加工、厳しい品質管理のもとに製造されているお茶です。高品質なルイボスティーの証「ティーカップ・マーク」がついているので、味も品質もトップクラス。

こちらはつい最近出会ったのですが、ルイボス特有のクセが少なく、個人的にはとても飲みやすく感じました。逆に「あの独特の風味が好き!」という方には少し物足りないかもしれません。ホットでもアイスでもOKなのでオールシーズン飲めるのも嬉しいポイント。そして、こんなに拘って作られていて大容量なのにこのお値段…!安全で美味しくて安い。迷わずリピート決定です。

おまけ / ハーブコーディアル

コーディアル ソーンクロフト ミニボトル 3本セット ハーブコーディアル
生活の木 ハーブコーディアル マヌカハニー Manuka honey

最後は、私がはまっているハーブコーディアルのご紹介です。「ハーブコーディアル」は、ハーブや果物をシロップに漬け込んだイギリスの伝統的な飲み物。昨年の冬に「Sense Ron Herman」(2020年3月末で閉店されたようです…)でマッサージを受けたのですが、その施術後に出していただいたことがきっかけで、ハーブコーディアルを飲み始めました。

ソーンクロフトさんの3種類の中で1番お気に入りのお味はマスカット風味のエルダーフラワー。お湯や炭酸水で割って飲んでもいいですし、生活の木のマヌカハニーはヨーグルトにかけても美味しくいただけました!どちらもほんのり優しい甘みがします。

忙しいと感じるときほどティータイムを

その日の体調や気分に合わせて「今日は何を飲もうかな〜」と考えることも、ティータイムの楽しみのひとつ。「忙しくてゆっくりお茶なんて飲んでいられない…」そんなときこそ、少し無理をしてでもお気に入りのお茶と一緒にティータイムを作ってみてください。思っている以上に心が安らぎますよ。

またおすすめの商品に出会えたら皆さんにご紹介しますね。
今日も良い一日をお過ごしください ^^